So-net無料ブログ作成

『願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月の頃』  西行 [お出かけ《犬連れ京都》]

昨日、大津の桜はまだ7~8分咲きくらいだったのですが、
京都の桜が満開との知らせに、
仕事を途中で放り出して、ぶらっとお昼からカレンちゃんとお花見に行ってきました(*^。^*)

祇園であんな大惨事があったとはつゆ知らず、岡崎公園→蹴上インクライン→南禅寺(ワンコ散歩もOK)→哲学の道→金戒光明寺横の川沿い→平安神宮(ワンコ抱っこしたらOK)→円山公園→八坂神社(ワンコ抱っこしたらOK)と桜の京都をそぞろ歩きしてきたのですが、20数年ぶりに見た円山公園の満開の枝垂桜にものすごく感動しました\(^o^)/

20年前に比べ、カラスの害で方々の枝は折れ、枝振りは以前の2/3ぐらいになってしまっていて、もう三代目も用意されているそうなのですが(今は二代目)、
DCIM0117.JPG
それでいて、何という気品、何という優雅さ、何という存在感。

夕日を背に静かに佇むその姿に、傷ついて老いてもこんな風な人間になりたいと
1本の桜を前にして思わずにはいられませんでした。

『願わくば花の下にて春死なむ その如月の望月の頃』 

西行の山家集の中の歌ですが、そんな歌が頭に浮かんできました。

※wikiより抜粋
円山公園の枝垂桜は「一重白彼岸枝垂桜」(ひとえしろひがんしだれざくら)という品種で、初代の枝垂桜は昭和22年(1947年)に枯死したため、現在は2代目が植えられている。しかし、カラスが生ゴミを狙って枝垂桜の枝に止まるため小枝が折れたり、糞害によってダメージを受け花の咲かない枝が生じることが問題となっており、「京都新聞」にも掲載された。なお、二条駅前(千本通側)に植えられている枝垂桜は円山公園の枝垂桜3代目である。

まぁ、ただ、円山公園はすごい人でした(´-∀-`;)
画像には写っていませんが、この桜の周りには人・人・人で、幾重にも人の垣ができていて、
芝生のあるところには、上野公園然にブルーシートだらけ。
春の情緒を楽しむもクソもないと思い、長い間、春、京都に来ても円山公園には行かなかったのですが、この枝垂桜は、本当にすばらしかったです\(^o^)/
来年もまた見に行きたいです。

ライトアップされたら妖艶さが増しますね。
DCIM0123.JPG

さて、祇園の大惨事。

三条通の蹴上の手前から混み始め、蹴上から岡崎公園の駐車場まで30分以上かかりました。
で、空を見上げると、ヘリコプターが7基も上空を飛んでいて、最初は自衛隊かと思っていましたが、ずっと上空をホバリングしているので、あれ?自衛隊とは違うな~、テレビのお花見中継とちゃう?などと、おめでたいことを思っていた私たちでしたが、実はその時、祇園であんな大惨事が起こっていたとは!(@_@;)
目と鼻の先の八坂神社のところまで行ったにもかかわらず、家に帰るまで全く知らなかった私たちでした。

陽気ボケというのか、観光ボケというのか、
普段の危機意識の低さを改めて思い知った次第です。

市営岡崎公園地下駐車場利用。 《普通車1日上限料金1,300円(日・祝を除く)》

蹴上インクラインも満開ヽ(^。^)ノ
DCIM0092.JPG

南禅寺は思わず撮りたいような桜の木がなかった・・・

哲学の道も満開ヽ(^。^)ノ
FpQyR_luGTmvw_d.jpg
DCIM0106.JPG

金戒光明寺横の川沿いがちょうど散り始めで、
風が吹いたらはらはらと花びらが舞ってめちゃくちゃきれいでしたヽ(^。^)ノ
DCIM0113.JPG

平安神宮に咲いていた枝垂桜。ピンクのぼんぼりですごくかわいかったです♡
DCIM0114.JPG

っていうか、、、
実は、
いつものコンデジを持って行ったのですが、
電池入ってなかったーーーーーーーって( ̄▼ ̄||)
これ↑今日のは全部携帯の画像です。まぁ、何とか撮れててよかったけど・・・。

                                (恋するカレン京都名所一覧表)

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ポチっとお願いちまちゅ♡(*・ω・)*_ _))ペコリン
     

人気ブログランキングへ

共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。